2005年10月30日

TBSテレビ「楽天チャンネル」 or 楽天テレビ?

さっき、GyAO!独占インタビュー番組「楽天・三木谷社長、本音を語る」を観た。
19.06%株保有についての10月26日の記者会見前の映像らしい。
以下、番組の要約とアタシの感想。

−TVとのシナジー効果がないのでは?という声が多いが?

今後の映像コンテンツ配信収益事業モデルは3タイプ。
・視聴者無料
・有料配信
・TV+Eコマース

これらの事業が採用する「双方向ビジネス」は基本的に2つ。
・オンデマンド=要求に応じて映像等を提供
・トランザクション=取引・ショッピング

その結果、番組を見ながらできるようになること。
・視聴状況
・モノを買う
・コミュニティー

現在、TVは地上派で配信、インターネットは光ファイバー。
ハードウエアの進化も必要だが、中長期的にはダイレクトに光ファイバーでTVもネットも・・・といったクロスユースになってくるのでは、と見ている。

(アタシ)

それはやはりネットのインフラの例をしながら、
コンテンツ事業も主導権がネット(楽天)にあることを示唆していないのかなぁ?


−楽天的の業態から考えると、トランザクションをフィーチャーしているのか?
三木谷氏の考える基本ビジネスモデル
 1)フィー(課金)モデル
 2)広告モデル
 3)興行(メディアミックス)モデル
 4)トランザクション(取引手数料)モデル

(質問に対しては言及せず、含みのある説明にとどまる。)

−3000〜5000億円の高収益事業と言われる放送事業の3年後は?
参考までに近い業態のNBC(米GE傘下のメディア大手(CNBCやMSNBCなど所有))は、10数年で2.5倍、200→2300億円の利益になった。
ただ今回のことは、まだ数値予想できない。
こういった成功例を考えると、高収益事業という意味では使い方によっては今よりもっと増えるのでは、と考えられる。

(アタシ)
勿論、楽天側としては試算しているはず。
根拠なしで、経営統合を持ちかけるわけがないし。三木谷さん、国重さんもたしか銀行にいたハズだしなぁ。

−TVはお茶の間、ネットは個人ユース、これらが変わるようになるのか?
すでにスカパーのように番組自体が個人寄りになっているものもある。
また、生活習慣は著作権問題のあった音楽業界もiPODで一気に業態が変わったように一気に変わる可能性はある。

−経営統合の先にある、ユーザーにメリットは?
「いつでも見たいものが見れるように」という時代がくる。

(アタシ)
はっきりと言わなかった。
要は、そのときにリーディングカンパニーになって皆に利用されたい。
ユーザーは魅力あるコンテンツを利用できる、と言いたかったのか?

−事業メリットは?
TV、ラジオ、新聞(ちょっと違うかもしれないが)、楽天。
これらのメディアミックスにはいろいろな可能性がある。
「(TVを見てて)買いたいな、と思ったら楽天」など。
番組配信にも力を入れたい。

ネット+TVの組み合わせで実現できること
・一方的(すごいコンテンツ→え、なに??)
・双方向(番組&ショッピング)
・コミュニティー(インスタントメッセンジャーのような使い方で見ている番組を自分のグループで意見交換、など)

これからはその中でもコミュニティーの考え方が重要なキーになるのでは、と考えている。

(アタシ)
最後まで観て思ったことは、TBSテレビの楽天チャンネルではなく、実質、楽天テレビになりたいのね、ということだった。
アタシは、今までTBS側のメリットが見えてなかったので三木谷さんはどのように考えて提案したのか知りたかった。
TBS側のメリットとしては、いままで広告収益事業オンリーだったのが、Eコマースと組むことによって、放送形態が変わることで、手数料収入も見込めるビジネスになるということ?
でも楽天はEコマースにとどまらず、コンテンツ事業自体に参入していきたいと言っている。(ソフトバンクのヤフーを意識?)
TBS側のメリット、薄いように思えるけど?
楽天の立場としては、発言レベルはやっぱりここまでなんだなぁ。チョット残念・・・。

それにしても、決着は、ライブドアVSフジの時と同じ絵図になるのだろうか。
長期戦はライブドアよりも楽天の方がそうとう苦しいはずだし。
因みに、アタシはホリエモン嫌いじゃない。
同じIT業界のUSEN宇野さん(楽天の社外取締役らしい)、サイバーエージェント藤田さんたちも嫌いではない。
でも、三木谷さんはこれらの人たちとタイプが違うっていうか、興味を持たないんだよなぁ。

GyAO! 独占インタビュー > http://www.gyao.jp/newsbiz/mikitani/
※今回のタイムリーな番組出演は「Showtime」というUSENと楽天が共同出資した有料配信サイトを立ち上げたいきさつから、と思われる。
Posted by 中上サン at 05:02│Comments(0)TrackBack(0)-おしゃべり-:ニュース

この記事への トラックバック & コメント

トラックバック用URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/merci_yuka/50240885