2005年11月09日

旅の思い出と、茶器

茶器1拡大

 10年位前に、金沢に旅行したときのおみやげ。
 『大樋(おおひ)焼』という。
中心街の大通りに面した蔵みたいな建物で販売されていたが、骨董屋ではなかった。
もう覚えてないが、たしか、フリーマーケットみたいな催し物をやっていて、いろいろ売ってたと思う。

茶器2拡大

 帰り際に寄ったのだが、とても買うのを迷ったのを記憶している。
 車に乗って走り出してから、アタシが上の空になっているのを
 パートナーが見て、「そういうときは買ったほうがいいよ」と、
 引き返してくれたのだった。

古い木箱には「与待(持?)夫造」と書いてあって、作陶家の印があったが、
本当にこの器の作家の箱なのかは不明。

そんなことはどうでもいい。
パートナーの気遣いがとてもうれしかった。この器を見るたびに思い出す。

因みに、アタシは茶道経験ナシなので、一保堂のお抹茶を適当に煎じていただいているのであった。。。
Posted by 中上サン at 00:01│Comments(2)TrackBack(0)-旅-:お土産

この記事への トラックバック & コメント

トラックバック用URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/merci_yuka/50256689
【この記事へのコメント】
おじゃまします。

茶菓子は無くても、せめて、抹茶の入った・・・・。
画像を見せて頂けましたら、じーっと見入ってもっと満足させて
頂けましたものを・・・。残念

食いしん坊にも愛の手を!
Posted by 近所のおっさん at 2005年11月09日 21:05
お抹茶の緑があったほうがビジュアル的にも良かったですね。。。
Posted by Author:中上 at 2005年11月09日 23:14