2005年11月14日

映画>死ぬまでにしたい10のこと

 『死ぬまでにしたい10のこと

 この映画、自分に置き換えて観る人が多いのだろうと思う。
 もちろん、アタシもその一人。
余命2ヶ月の状態で、こんなにアクティブに動けるのかは分からないが、何かをやり残したくない気持ちは共感できる。
それは、原題の『 my life without me 』でひしひしと伝わる。

「自分がいなくなったあとのパートナーが恋をする相手は自分が認められる人がいい」、とか、「自分もあと1度、ときめいた恋をしたい」とか、とてもよくわかる。
これ、わがままじゃない。女性の素直な気持ち。

“大好きな自分の一生”を考えてみようと思った女性に、オススメ。

ペドロ・アルモドバルが製作総指揮を務めているのでレオノール・ワトリングがお隣さん役で出演。
(「マルティナは海」も観たけど、チョット期待はずれ。)

あらすじ
23歳のアンは、失業中の夫ドン、2人の娘とトレーラー暮らし。
彼女は一家を支えるため、清掃の仕事をしている。
ある日、突然の腹痛で病院に運ばれたアンは、末期ガンで余命2ヶ月だと告げられる。
ちょうどドンは工事の仕事が決まり、やっとこれからだというのに。
アンは悩んだ末、病気のことを誰にも打ち明けずにいようと決心。
夜更けのカフェでひとり、「死ぬまでにしたいこと」をノートに書き出してみた。ちょうど10のリスト。
彼女はそれをひとつずつ実行していく・・・。

2002年作/スペイン=カナダ映画
製作総指揮 : ペドロ・アルモドバル
監督・脚本 : イザベル・コヘット
出演 : サラ・ポーリー 、マーク・ラファロ、スコット・スピードマン、レオノール・ワトリング


この映画の公式サイト>こちら
amazonでDVDを購入する>こちら
Posted by 中上サン at 00:01│Comments(4)TrackBack(2)-オススメ-:映画

この記事への トラックバック & コメント

トラックバック用URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/merci_yuka/50266423
【この記事へのトラックバック】
オフィシャルサイト → 死ぬまでにしたい10のこと23歳のアンは、母親の家の裏庭にあるトレーラーハウスで失業中の夫と幼い2人の娘と暮らし、時間に追われる忙しい毎日を送っていた。だがある日、彼女は突然腹痛に襲われて病院に運ばれる。そして検査の結果、医師から余命2...
死ぬまでにしたい10のこと【日々映画三昧】at 2005年11月16日 14:00
死ぬまでにしたい10のこと 『死ぬまでにしたい10のこと』を見ました。 my life without me・・・ 監督・脚本:イザベル・コヘット エグゼクティブ・プロデューサー:ペドロ・アルモドバル、アウグスティン・アルモドバル、オグデン・ガヴァンスキ プロデュー...
死ぬまでにしたい10のこと【Whaddya say?】at 2005年11月18日 07:03
【この記事へのコメント】
コメントありがとうございました。
画像のこと、褒めてもらえて嬉しいです☆
TBするの初めてなんで、ちゃんとできるかな。
Posted by sana at 2005年11月14日 00:37
>sanaさん
本当にsanaさんのあの画像、いいですよ。
他の車や空の景色の画像も好きです。
Posted by Author:中上 at 2005年11月14日 00:56
TBありがとうございます。
自分の一生について本当に考えさせられました。と、ともに、一日一日大切にしていこうとも。
これを機会にまた遊びにきますね。
Posted by womany at 2005年11月16日 21:12
>womanyさん
コメントありがとうございます。
今頃になってようやく限りある一生なんだと実感しています。
それでも一日一日を大切に過ごすのは、なかなかできないんですけど。。。
Posted by Author:中上 at 2005年11月16日 21:38