2005年11月24日

映画>ベッカムに恋して

 『ベッカムに恋して

 3年前、今はなき「ヨコハマ・シネマ・ソサエティ」で観た。

 アメリカン・コメディーに頼らずとも、とにかく明るい気分になりたい、
 という方にオススメ。
主役のインド人の女の子がキュート。
彼女は、この映画がデビュー作。
とにかくこの作品に出演したい一心で、「サッカー経験がある」と嘘をついて必死に練習したとか。

ラストシーンには、デイヴィッド・ベッカムと、妻のヴィクトリアが特別出演してたので、思わず笑ってしまった。

この映画を観て、インド系イギリス人の生活を垣間見ることができる。
慣習はインド、でもイギリスで生まれ育ってきた自分にとっては戸惑ってしまうことも多い・・・。
これは同様に、日本で長いこと暮らしている他国出身の方のお子さんや、逆に日本から他の国に行かれた方のお子さんからみれば、住んだこともない“祖国”に対して、どのように思われているのだろう。

先日、この続編が決定された。
来年撮影開始予定で“その後の彼女たち”がテーマだそう。

それから余談だが、アタシがこの映画を観た「ヨコハマ・シネマ・ソサエティ(旧横浜西口名画座)」は
シネコン進出による経営不振が続いていたが、
去年の大型台風が上陸した際、劇場が地下1Fにあったため浸水、
それがきっかけで廃業してしまった。
こういう映画館は大事にしていきたかった人も多かったに違いない。


あらすじ
インド系の少女ジェス(パーミンダ・ナーグラ)は、サッカーとベッカムが大好き。
あるとき地元の女子サッカー・チームのエース、ジュールズ(キーラ・ナイトレイ)、
コーチのジョー(ジョナサン・リース・マイヤーズ)に誘われ入部した。

ところが伝統的なインドの慣習を大事にする母にバレてしまい、サッカーを禁止されてしまう。
しかし隠れてサッカーを続けて実力をつけてきたジェスは、本格的に続けていきたいと思うようになる。

そんな中、チームはドイツ遠征へ。
家族に嘘をついて参加したジェスは、ジョーと惹かれ合っていいムードのところをジュールズに見られてしまう。
ジョーに恋心を抱いていたジュールズ。3人の恋の行方と、ジェスのサッカーへの思いは、はたして・・・。

2002年作/イギリス/アメリカ/ドイツ映画
2002年ロカルノ国際映画祭観客賞、同年ボルドー映画祭観客賞、審査員特別賞、最優秀女優賞、
同年シドニー映画祭観客賞ほか受賞
監督 : グリンダ・チャーダ
出演 : パーミンダ・ナーグラ、キーラ・ナイトレイ、ジョナサン・リース・マイヤーズ
特別出演 : デイヴィッド・ベッカム、ヴィクトリア・ベッカム


この映画の公式サイト>こちら
amazonでDVDを購入する>こちら
Posted by 中上サン at 00:01│Comments(2)TrackBack(2)-オススメ-:映画

この記事への トラックバック & コメント

トラックバック用URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/merci_yuka/50284444
【この記事へのトラックバック】
【公開時コピー】 女の子がサッカー!?でも、夢は絶対あきらめない。
ベッカムに恋して【ZeroCinema】at 2005年11月24日 11:00
パンド ベッカムに恋して ★★★★☆ インド系イギリス人の厳格な家庭に育ったジェス(パーミンダ・ナーグラ)は、サッカーとベッカムが大好きな女の子。 ある日、ジェスが男の子たちとサッカーをしていると、そこを通りかかった地元女子サッカーチー
ベッカムに恋して【2002・イギリス/アメリカ/ドイツ】【Happyになれる映画を観よう♪】at 2005年12月09日 11:23
【この記事へのコメント】
Tb&コメントありがとでした。

ジェス役の子の裏話。面白かったです。そんなことがあったんだ。一生懸命頑張ったんですね。

ベッカムを恋愛の対象ではなく、尊敬する、憧れとする選手として見ているジェスがキュートで、さわやかでしたね!
Posted by Zero at 2005年11月24日 11:04
>Zeroさん
コメント&TBありがとうございました。
続編、個人的には楽しみにしています。

また遊びに行きますね。
Posted by Author:中上 at 2005年11月25日 01:46