2006年01月19日

ライブドア粉飾決算から東証売買システム停止まで

もう、毎日のニュースと、アタシの少しの投資資産が、すごいことになってる。。。

■ライブドア粉飾決算疑惑が浮上
これは、ライブドア本体の、2004年9月期決算で、
本来は資産に計上すべき傘下の複数の企業の資産を、
本業のポータルサイト運営事業などの売上高として計上する
不正な経理操作していたというもの。

球団・近鉄を買収したいがためなのか分からないが、ちょうどこの時期だという。

で、指示していたのはNo.2の取締役、税理士出身の宮内氏(38)だという。
ライブドアの取締役は7人。
証券会社出身の28歳の熊谷氏や、リクルート出身者の岡本氏(38)はじめ、
フジTVの社外取締役以外はみんな40歳未満と若い。

ここでふと、思ったことがある。
皆、一見優秀なブレーンのように思えるが、ライブドアの前の会社では
トップポジションにはいなかったと思われる。
ということは、やり方自体は手探り経営で、その良し悪しを判断できる
キャリア陣がいなかったのではないのだろうか。
M&A事業自体云々よりも経営において、企業モラル、コンプライアンスというものを、
いつからか、おざなりにしてはないだろうか?

アタシの疑問
粉飾決算疑惑があるのだとしたら、監査法人がでてこないのはなぜ?
カネボウのときと同じではないのか?

■東証売買システム停止
ライブドア・ショックがきっかけで波及。
個人投資家の取引が増えたことによる注文件数、約定件数のパンクを
防ぐために増強した矢先だった。

アタシは言いたい!
システムのキャパの問題は、現在計画的に運用している。
今回停止に至った原因は、個人投資家の信用取引の乱用による影響が大きいのだと思う。

つまりは、こうだ。

今回のきっかけ>状況が明らかになってない早期の段階で、
マネックス証券が信用取引の際のライブドア株の担保価値をゼロに。

ライブドア株を担保にしている個人投資家は、以下の対応を選ぶしかない。
 1)信用取引を続行する場合は、新たに現金などの担保が必要に。
 2)出来ない場合は、売って清算。

殆どの場合は、投資できるお金がないから信用取引をしているので
当然現金の調達が出来ずに売って清算する。というか、売るしかない状態。

売り先行ムードの市場で、先行き不安も煽り、連鎖的に株が安くなっていく。

ライブドアと一見関係ない銘柄でもストップ安になってしまい、市場全体に波及。
注文件数、約定件数が増えることによって、結果システム負荷に。

必然売り(信用取引)と不安売りは、どちらも個人投資家によるもの。
そもそも信用取引の乱用できる状況に問題はないのだろうか。

アタシは株は現物取引で、と決めている。
でも、今回は一切売買できなかった。これでは信用取引の方となにも変わらない。
もう少し、現物取引側に優遇してもらえないのか。

また、信用取引は一歩間違えると大変なことになる、
というリスクを、証券会社は今以上に啓蒙していくべきだとも思う。

最後に・・・
ライブドアではなくホリエモン、アナタのことをまだ応援しているよ。
まさか法に抵触して上場廃止にならないよね?
アタシは勉強代と思って、もう株価は気にしないことにしたよ。。
時間がかかっても会社立て直してね。
Posted by 中上サン at 01:55│Comments(2)TrackBack(0)-おしゃべり-:株

この記事への トラックバック & コメント

トラックバック用URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/merci_yuka/50370062
【この記事へのコメント】
今回の騒ぎは、規制緩和と、株を安直な小遣い稼ぎのゲームくらいにしか考えていない若者達が引き起こした一種のミニバブルの弾けだと思っています。でなければ、まだ自力が回復しきってない日本の株価が、あれほど急激に上がるはずはないんじゃないかと…。まあ僕は株ももっていないし、株価を日本経済の指標としてはたから眺めてきただけの素人だから、どこまで当たってるかは知らないけれど…。
でも各社の手のひらをかえしたような態度には、ちょっとあきれてしまいますね…!弱肉強食の世界だってことはわかりますが。
これからホリエモン…どう打ってでますかね?蚊帳のそとからで無責任ですが、多分に好意的な目で期待しています!
Posted by hama-wind at 2006年01月20日 00:50
>hama-windさん
こんばんは。
昨日、母から「あの株はワンコイン株だったんでしょ?普通の発想では考えられないのよ。今回は勉強代だと思いなさい」と言われました。。

でも、本来の狙いはM&Aのためだったかもしれませんが、あれだけ個人投資家が買いやすいように分割して、株価を高騰させたという、あの発想はなかなかできないと思っています。

常識にとらわれないあの発想ができるからこそ、ホリエモンをアタシは尊敬してしまうなぁ、と。
モチロン、法令順守は当然なのですが。

と、潔いことを言いながら、あまり好きではない三木谷氏の楽天を「今のうち!」と、今日買ってしまいました。
なんだか、ですね。。笑
Posted by Author:中上 at 2006年01月20日 02:28