2006年01月28日

成城石井の「クランベリー・スコーン」

クランベリー・スコーン拡大

 今日のアタシのブランチ。
 成城石井の 『クランベリー・スコーン』

生のブルーベリーと、クロテッドクリームと一緒に。

クロテッドクリームは、中沢乳業のもの。
これは、生クリームを煮詰めて作られるクリーム。
バターと生クリームの中間、といった感じかな。

5個入りくらいで、成城石井のパンコーナーでGET。
他にプレーンや胚芽入りもある。
アタシは、最近、Bagel & Bagelにあったクランベリーべーグルが販売終了されてしまって、とっても諦められなかったのか、迷わずこれをチョイス。笑

スコーンといえば、イギリス。
おととし一人で行ったロンドンで、アフタヌーンティーをしに、老舗のティーサロンを探して行ったっけ。。
オーダーしたのは、キューカンバーサンドとクロテッドクリームがタップリのスコーンのセット。
それでもかなりのボリュームで半分しか食べれなかったのを思い出しながら、今日はいただきました。

Posted by 中上サン at 22:00│Comments(2)TrackBack(0)-たべもの-:sweets

この記事への トラックバック & コメント

トラックバック用URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/merci_yuka/50383627
【この記事へのコメント】
こんばんは〜!
スコーンも確かにおいしそうだけど…一人でロンドンに行ったんですか?ひょっとして英語ペラペラ?なんだか尊敬しちゃいます!10年勉強したはずなんだけどな…いや、浪人を入れれば11年。何を勉強してたんでしょうね?
Posted by hama-wind at 2006年01月28日 23:48
>hama-windさん

英語は・・・丸っきしダメです。。
一人で行けたのは、イギリスだったからだと思います。イタリアなら、きっと無理。。
ロンドンなら、ネットカフェが多く、情報収集できるので、(Windows XPから日本語DLできるので、便利です)全く困らなかったですよ。冷たい店員多いですけど。

母方の曾祖父が横浜市の通訳だったらしいのですが、その血は全く受けてないです。。

一方、妹は留学経験があるので外資系企業に勤務していて、アメリカ人の彼がいます。
2年前に我が家に連れて来たのですが、中上家の2人は、ろくに話せませんでした。。。

やっぱり、恋愛が手っ取り早く英語上達するようですね。
Posted by Author:中上 at 2006年01月29日 00:13