2006年12月25日

エポワス

エポワス拡大

 パートナーが大好きなウォッシュタイプのチーズ
 「EPOISSES エポワス」
これは、フランスのAOC(原産地呼称制度)で認定されたチーズ。
ブルゴーニュ地方のエポワス村で作られてる。

エポワス2拡大
このチーズは、マール・ド・ブルゴーニュという
ワインの絞りかすから作られた蒸留酒(ブランデーの一種)で
表面を洗いながら熟成しているので香りは強いけど、
カットして室温で30分もおくと、断面からトロッとまろやかなチーズが出てくる。
それを、ドライフルーツやナッツが
ぎっしりつまったパンと食べるともうたまらない・・・。

丸い木箱に入ったホールで買うと、一度に食べられない。
その場合は、乾燥しないように、
キッチンペーパーを水に浸し固く絞り、残りのチーズの上に掛け蓋をする。
ラップはしないでそのままジップロックに入れて冷蔵庫へ。
(乾燥を防ぐことが重要なので、葉野菜を一緒に入れるのも良いらしい)
翌日以降、キッチンペーパーを交換しながら保存していく。
熟成が進むとどんどん皮がシットリ湿った感じに変化していく。
香りは強くなるが、ウォッシュチーズ好きな人にはそれがたまらない。

昔、フランスレストランでバイトしていた時に、チーズはいろいろ覚えた。
その影響でチーズとワインに触れるうち、パートナーの方が目覚めてしまった。

今年は、イヴというイベントをすっかり忘れていたアタシタチ。
結局、このチーズを“メイン・ディッシュ”に、ゆっくりと自宅でディナーなのでした。
Posted by 中上サン at 01:00│Comments(4)TrackBack(0)-たべもの-:そのほか

この記事への トラックバック & コメント

トラックバック用URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/merci_yuka/50660231
【この記事へのコメント】
これは全然知らない世界で…“ウォッシュタイプのチーズ”っていうもの自体を知りません。どういうものなんでしょう?お教えいただけますか…?
あと、どこで売ってるんでしょう…。あなたがすすめてくださったものは良いものばかりなので、これもちょっと試してみたいかなって…。
Posted by hama-wind at 2006年12月25日 22:12
>hama-windさん
ありがとうございます。
折角なので、12/26の記事として書かせていただきましたので、よろしかったら是非見てください。
Posted by Author:中上 at 2006年12月26日 00:48
Ciao 中上さん!
ウォッシュタイプ、私も大大だーい好きっ!あの匂いがたまらん・・・。ちと重め&渋めの赤ワインといただくと、もうこれまでとは違う世界が広がりますよね。
Posted by yumina at 2006年12月30日 21:29
>yuminaさん
Ciao!
そうそう、クセになりますよね。
我が家ではどうしてもフランス産のチーズが一番多く食べるんですが、
イタリアだとタレッジォとかもたまにいただきますよ。
イタリアのウォッシュチーズって他に知らないので、オススメがあったら是非教えてくださいね〜。
Posted by Author:中上 at 2006年12月31日 01:24