2008年03月16日

ノーカントリー、観た

ノーカントリー 『ノーカントリー

 公開初日。横浜・新高島109シネマズへ観に行った。
 今年、アカデミー作品賞などを受賞した作品。監督はコーエン兄弟。

本作登場人物の殺し屋シガーは、ハンニバルのレクター博士以来のサイコパスで
とても残虐的な映画といわれている。

追われる者と追う者が対峙したときに急展開するストーリー。
でもアタシは最後まで生存者全員の結末がさっぱりわからなかった。
エンドロールをボーっと眺め回想しながら、はっと気づいた。

それは、年老いた元保安官の台詞。
「人は大切なものを失った時、なんとかして取り戻そうとする。
 でもさらに失ってしまうものなんだ。」

失うものは違えど、本人達にとってその深度は決して浅くはない。
(ネタバレになるので、ぼんやりと)

この映画、たしかに残虐的なシーンがとても多い作品なのだが、
それ以外の何気ないシーンが意味深だったり。
メリハリ利いてるのでよく出来てるなぁ、と思った。秀作。

アタシがあらすじを書くと、なんだか小さくなっちゃうなぁ...汗


あらすじ
1980年代のテキサスが舞台。
狩りの最中、荒野で銃撃惨殺現場を発見した男(ジョシュ・ブローリン)。
多数の死体の他に麻薬と大金を見つけた彼は、大金だけを持ち去る。
しかし、その大金の鞄には発信機が付けられていた。
冷酷な殺し屋(ハビエル・バルデム)、保安官(トミー・リー・ジョーンズ)に追われることになった彼は、
このまま逃げ切れるのか…?

2007年作/アメリカ 映画
2008年 第80回アカデミー賞/作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞 受賞
原題 : NO COUNTRY FOR OLD MEN
監督 : ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
脚本 : ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演 : トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド

公式サイトこちら
Posted by 中上サン at 02:21│Comments(0)TrackBack(0)-オススメ-:映画

この記事への トラックバック & コメント

トラックバック用URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/merci_yuka/50962904