2009年09月13日

全米テニス>セレナ・ウイリアムズが・・・!

久々にすごく興奮してしまった…。

準決勝まで順当に勝ち上がってきたセレナ・ウイリアムズ。

対する相手はキム・クライシス。
世界ランキング4位までいった後、引退。出産を経て復帰してきた。
そして、今回特別枠で出場してきたのだ。

どうみてもセレナが有利に見えたこの試合…。


↑のように、ラケットを投げる(しかも壊れた!)など、焦ってしまい終始自分のゲーム展開ができずにいた。

第一セットはキム・クライシスが取り、第二セット。
ゲームカウント:キム6-5セレナ>ポイント30-15で
あと1ポイントでキム・クライシスのマッチポイントに…、という一番の山場で、“事件”がおこった!



このゲームを落とすとゲームオーバーになってしまうセレナ。
そのセレナのサーブが、ライン審判にフットフォルト(サーブの時にラインを踏んでしまうこと)を取られてしまったのだ。

そこでナーバスなセレナは、ライン審判に暴言。
主審に呼ばれ、ライン審判が報告すると、セレナはヒートアップ。
トーナメント審判長まで出てきてしまった。
セレナは、ラケットを投げていたとき(1つめのムービー)警告を受けていて、
今回2つ目の警告を受けたため、ここで負けてしまい退場。

一番かわいそうなのは、相手のキム・クライシス。
準決勝であのセレナに勝ったのに、中途半端な終わり方で、
メディアもセレナのことばかり。。

さらに、セレナはもしかしたらこのまま引退も?なんて話もでてる。
たしかに、自国のグランドスラムでこんな試合をしてしまったらバッシングがすごそうだけど、
さっき終わったばかりで、ちょっと展開が早いんじゃない?

いくらセレナだって、パーフェクト・プレーヤーじゃないよぉ。。
スポーツマンシップは持ってもらいたけいけど、このままあっさり辞めないでほしい、と願うばかり。。
Posted by 中上サン at 01:55│Comments(3)TrackBack(0)-おしゃべり-:ニュース

この記事への トラックバック & コメント

トラックバック用URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/merci_yuka/51298643
【この記事へのコメント】
あ〜〜…こんなことがあったんですね(汗)
自国選手の姉妹対決を期待する声も高かったんじゃないですか?
テニスは元々マナーにうるさい競技ですし…ね。
でも地力のある人だし、この程度のことではきっと埋もれないでしょう。
と…思いたいものです…。

個人的にはですが…感情むき出しのプレーヤーより、かつてのボルグやクリス・エバート(古っ!)のような冷静なタイプの選手が好みです。
プレースタイルもパワー系ではなくテクニック系?
もっとも、最近は両方を兼ね備えていないとトップまではいきませんよね!
Posted by hama-wind at 2009年09月13日 22:41
>hama-windさん
そうなんです。
しかもマッチポイントだったので、余計衝撃的で、でも呆気にとられてしまったというか…。

きっと、今月末に開催される有明の東レPROに来てくれることでしょう。

hama-windさんのおっしゃるように、最近のテニスは一時のパワー一辺倒から、
テクニカル面も頑張らないと勝てないですね。

特に女子はランキング1位のエナンが去年引退してから“戦国時代”に突入してます。
絶対的な強い選手がいないので、観ていて楽しいです。
Posted by Author:中上 at 2009年09月14日 23:08
こんばんは〜!
今日、セレナの謝罪会見の様子が流れていましたね。
メンタル面の向上?も課題の一つでしょうし、これでまた一つ強い選手への階段を上がったのかな…とも思います。
東レは期待できるかもですね。

あ、線審は日本人だったんですね〜。
Posted by hama-wind at 2009年09月15日 21:52