2010年02月05日

映画>インビクタス ―負けざる者たち―

今夜はイーストウッドの最新作「インビクタス ―負けざる者たち―」
を観に新高島(みなとみらい)の109シネマズへ行った。
会社帰りに寄るのは久しぶり。

予め会社でチケットだけ予約しておいたので、並ばずに済んだのでセーフ。
上映時間ギリギリの入館だったから助かった。。

 


タイトルのInvictusインビクタスとは、
マンデラが27年間収監されていた刑務所で読んだ
ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの詩のタイトルなのだそう。

ストーリーは、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と、
95年自国で開催されたラグビーのワールドカップで初出場初優勝を飾った
チームの白人主将との交流。
人種差別や争いの無意味さを実話を基に描いている。

人は優劣をつけたがったり傷つけあったりと争いが絶えないけど、
それをスポーツに向けることでうまく昇華できることをマンデラは説いた。
27年間も収監されていたにもかかわらず・・・。

NZとの決勝戦のVIP席隣のNZ首相に
マンデラがなにか賭けないか、持ちかけるシーンがある。

首相は
「そちらは金塊で、我々は羊、というのはどうでしょう」
と答える。

マンデラは
「お互いの国産ワイン1ケースというのはどうでしょう?」
と笑って切り返した。

金塊=羊、という"常識"は、国産ワイン=国産ワインという"新常識"に
変えようとしたマンデラさんは数年後、見事ノーベル平和賞を受賞。

ただ、今年は南アでサッカーのワールドカップ開催が予定されているが、
残念なことに95年当時より治安が悪化していて懸念されている。

アバターもいい作品かもしれないけど(すみません、観てないです...)、
個人的には映画は話題よりもメッセージを重視しているので、
この作品をオススメしたい。

でも、過度な演出を嫌うイーストウッドらしく、演出面はわりと地味な映画かも。。

インビクタス公式サイト
Posted by 中上サン at 23:56│Comments(5)TrackBack(0)-オススメ-:映画

この記事への トラックバック & コメント

トラックバック用URL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/merci_yuka/51427361
【この記事へのコメント】
おお、これは…あなたらしい選択だと納得しました。
世間は娯楽大作のアバターに注目していますからね!
いぶし銀の香りのするこういう作品て、大人ためのものだと思います。
政治関係にはからきし弱い僕ですが、アパルトヘイトとマンデラ大統領は知ってました(笑)
この映画には興味を持ちましたよ。
ありがとうございます。
Posted by hama-wind at 2010年02月06日 21:22
あっ!もう見に行かれたですね!
今日、これから行く予定です。
中上さんのおススメの評価もあったのでよかった〜〜
楽しみ〜〜!!
アバターを見ているので比べられるかも・・・
比べると言っても全然、べつ物ですね〜〜
行ってきます!
Posted by ユリシス at 2010年02月07日 11:50
>hama-windさん

近年のイーストウッドの作品は“心”が感じられます。
機会があれば、是非!

>ユリシスさん

アバターとは別物ですよぉ〜
ユリシスさんの感想の記事投稿、楽しみにしてますね。
Posted by Author:中上 at 2010年02月07日 14:01
中上さん。
おわび(笑)私はこれを見る気まんまんだったのに
旦那がみたくない〜〜と言うので
「ゴールデンスランバー」になってしまいました。
インビクタスは先送り・・・今度一人で見に行きますね〜〜
Posted by ユリシス at 2010年02月08日 06:57
>ユリシスさん

こんばんは〜。
そうだったのですか。

アカデミー賞の主演・助演ノミネートに、モーガン・フリーマン、マット・デイモンがそれぞれ選ばれたようですよ。

オススメなので機会があれば、是非!
Posted by Author:中上 at 2010年02月08日 22:21